今話題の資格|宅建の資格は独学でも取れる!自分で色々と勉強しよう

宅建の資格は独学でも取れる!自分で色々と勉強しよう

婦人

今話題の資格

保母

世の中で共働きをする人が増えている中、欠かせない存在なのが保育園です。保育園は、親が働いていたり、病気などの理由で子供を家庭で保育できない際に子供を保育する場所として、児童福祉法という法律のもと、厚生労働省の国が管轄する施設になっています。待機児童が問題になるほど、現在の日本では保育園のニーズが多く、それにともなって保育士の慢性的な人手不足が問題になっています。保育士は、子供たちの人間形成の基礎における重要な役割を担っているため、保育士資格という国家資格を取得しなければなることはできないのです。資格を取得するには、大きくわけて二つ方法があり、保育士の養成施設や学校で資格を卒業と同時に取得する方法と、直接保育士試験を受ける方法があります。ここで注意したいのが、学校を選ぶ上で、その学校が厚生労働省が指定する保育士要請学校であるのか、しっかり確認するということです。

現代社会では、子供が幼いころから預けて働くことができる保育園は、なくてはならない存在です。保育士は、幼稚園教諭に比べて、指定養成施設として認可された学校で学ばなくても、受験資格を満たし、保育士試験に合格することができれば、資格を取得することができるので、取得しやすく活躍の場が多い資格といえます。保育士は、保育園だけでなく、児童福祉施設やベビーシッター、企業の託児所などさまざまな場所や場面で活躍できるようになり、職場を選ぶ上でも選択肢が広がっているので、今人気のある国家資格でもあります。保育士は、肉体的にも精神的にも決して楽な仕事ではないですが、子供たちと一緒に成長を感じられる魅力あふれる仕事です。