宅建の資格は独学でも取れる!自分で色々と勉強しよう

ウーマン

専門学校に頼らない勉強法

女性

理解することとイメージ

最近の宅建士の資格試験は、知識の応用力を問うものが多く出題されていて、独学で合格を目指す人にとって大きな壁になっています。もし独学で宅建士の試験に臨むのであれば、ふたつの点を重視する必要があります。ひとつはテキストの内容をよく理解することです。特に民法を中心とした「権利関係」については、なぜそうした法律が定められ、あるいは判例が適用されたのかを、暗記ではなく頭で理解したうえで、過去問に取り組まなければ解くことができません。そしてもうひとつは「イメージ」です。宅建士の試験範囲は法律用語が多く、語彙だけを追っていては頭に入ってきません。特に「法令上の制限」については、覚えるべき用語をイメージでとらえることが、応用問題への対策につながります。

インターネットを活用する

最近は独学のための宅建過去問アプリなど、便利なツールが出てきています。もちろん、これらを活用するのは問題ありませんが、本番の試験はあくまで紙の問題用紙とマークシートで出題されるので、その形式に慣れるという意味では、宅建士の試験勉強においても過去問を繰り返し解くことが基本となります。ただし、独学ではどうしても弱くなる「イメージ」を補うために、インターネットを活用するのは非常に有効です。たとえば、都市計画法に出てくる「用途地域」は、言葉だけ暗記してもほとんど意味がなく、それぞれの地域がどのような街並みなのかをイメージで捉える必要があります。インターネットの画像検索を使うと、まさにそのイメージがビジュアルで見ることができるため、理解の助けになります。

幼児教育に関する資格

婦人

幼稚園教諭の免許状には大学卒業後に与えられる一種と短期大学や専門学校卒業後に与えられる二種がありますが、一種の方がより高度な知識が得られるため四年制大学を選ぶ人が増えています。一種免許状であれば、就職に有利であったり初任給が高くなるなどのメリットがあります。

Read More

今話題の資格

保母

共働き世帯が増える日本に欠かせないのが、保育園と保育士の存在です。保育士は、指定養成施設として認可された学校で学ばなくても、受験資格を満たし、試験に合格すれば資格を取得することができます。活躍の場が多い資格として人気があります。

Read More

福祉関係の資格を取るには

カウンセリング

言語聴覚士は、言語・聴覚能力に障害がある場合にリハビリテーションを行う専門職です。医療や福祉関係だけでなく、教育関係でも活躍することができます。国家資格を受けるためには、国で指定された専修学校を卒業することなど、十分に専門知識を習得することが条件と言えます。

Read More